女性の抜け毛に効くサプリ@産後の抜け毛を防ぐのは?

抜け毛 サプリ

1日の抜け毛本数とは?

 

私たちの頭にある髪の毛。たまに抜けたりしますよね。では1日に抜ける本数を具体的に知っていますか?インターネットの検索で、「抜け毛 1日 本数」や「1日に抜ける 毛の数」などを入力して調べてみてください。いろいろなサイトがあると思いますが、そのほとんどが「頭髪の本数(10万本÷生え変わるサイクル(3〜6年)=1日あたりに抜ける本数)となっています。そしてそれは、大体91.3〜45.7本であるとされています。さらにシャンプーの時に50本以上抜けると薄毛の危険があるとも書かれています。シャンプーの時に抜けていい本数は15.2〜57本とされています。

 

しかしこれには個人差があります。私が調べたところシャンプー時に抜ける毛の数は10本〜200本とかなりの幅がありました。ちなみに日本毛根抜け毛研究会の調査から出た数字は平均59本です。これはあくまでも平均値なので個人差があることをお忘れなく。結果的に言えることは1日の抜け毛の数というのは数本〜250本以上ということです。抜けない人は本当に少ししか抜けないのです。

 

シャンプーの時にたくさん抜ける人がみんな薄毛になっているのかというとそうでもありません。私の抜け毛を調べたところ、1日に平均136本抜けていました。ですが薄毛にはなっていないのです。薄毛に悩む人の話を聞くと「すごく抜けた」とか「排水溝が髪の毛だらけになった」と言います。急に増えたら注意が必要でしょう。

 

産後の抜け毛はひどい

 

女性には出産という大きなイベントがあります。産後に抜け毛で悩む人もいますが産後の抜け毛はどうして起きるのでしょうか。そしてそれはいつまで続くのでしょうか。あまりにもひどい時はどう対処したら良いのか不安になりますね。今回は産後の抜け毛について話をしていきましょう。

 

「産後に髪の毛が抜ける」
赤ちゃんを産み終えてホッとしたのもつかの間、たくさんの抜け毛が始まってしまって「どうしよう」と不安を抱いた人も少なくないでしょう。頭を洗う度に大量に抜けてしまう毛髪に焦りを感じる人もいるでしょう。なかには前髪がなくなってしまったりする人もいるのですから、女性にとって深刻な問題ですね。

 

抜けたまま生えてこないとなるとハゲになってしまいます。焦るのは当然ですね。気にはなるけど赤ちゃんのお世話でそれどころじゃないというのも事実。余計に焦りを募らせます。でもご心配なく。しっかり栄養を摂っていれば髪の毛はまた生えてきます。

 

女性の体は妊娠から出産の時期にはホルモンがものすごい勢いで変化します。その変化が影響して抜け毛が起こるのです。女性ホルモンと毛髪は密接な関係があるのです。そのサイクルが関係しているので、ホルモンバランスが安定してくればまた髪の毛は元に戻るのです。

 

そうは言ってもどんどん薄くなるのは気になりますよね。一体いつまで続くのでしょうか。それは大体1年くらいです。もっと早い場合もあり個人差があります。時間がかかってもちゃんと元通りになるので心配はしなくて大丈夫とされているのです。

 

女性の抜け毛とホルモンバランスの関係

 

女性の抜け毛や薄毛はホルモンバランスが大きく関係していると言えます。ホルモンバランスが崩れることで、抜け毛が増えてしまうというのです。それでは女性ホルモンと抜け毛の関係について探っていきましょう。

 

薄毛に関係があるのは女性ホルモンであるエストロゲンです。これには毛髪を生長させる働きがあり、成長期を長くするという効果もあります。いろいろなホルモンがある中、髪の毛に一番関係するのがこのエストロゲンなのです。これが減少すると成長期が短いものとなってしまうために髪の毛が十分に成長しません。すぐに抜けてしまったりします。更年期や産後やストレスなどホルモンバランスを崩すようなことは抜け毛の原因になってしまうのです。

 

それでは女性ホルモンが減少するというのはどういうことなのでしょうか。エストロゲンは卵巣から分泌されています。もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンは黄体から分泌されます。この二つのホルモンの分泌を司っているのは脳です。脳と卵巣の連携が正常であればホルモンバランスは良好であります。しかしストレスに寄ってそのバランスは崩れます。脳の視床下部と脳下垂体は精神的なダメージを直接受けてしまうのです。

 

このようなことから女性の薄毛にはホルモンバランスの改善が先決であると言えます。頭皮マッサージでリラックス出来る状況を作ったり、ストレッチで体をほぐしてあげるのも効果的です。

 

抜け毛予防に亜鉛が必要?

 

薄毛や抜け毛に悩む人がたくさんいます。男性だけでなく女性だって悩んでいるのです。その薄毛や抜け毛には亜鉛が効果的だという話をご存知でしょうか。亜鉛との関係を説明していきますね。

 

まず髪の毛の成分について説明します。髪の毛はたんぱく質で出来ています。その90%を占めると言われているので、ほとんどたんぱく質ですね。ケラチンと呼ばれるたんぱく質なのですが、それを作っているのがシスチンなどのアミノ酸です。18種類ものアミノ酸から作られていて、基礎となっているのが必須アミノ酸であるメチオニンです。メチオニンは体の中で作ることが出来ません。食べ物から取り入れるしかないのです。何を食べれば良いかというと魚介類や乳製品、肉類、豆類など普段目にするような食材ばかりなので気軽に摂取出来ますね。

 

亜鉛との関係についてみていきましょう。なぜ亜鉛が抜け毛に効果的なのかというと大きく分けて2つの理由があります。1つ目は、ラチンを作る働きがあるという事です。髪の毛の90%がケラチンですからとても重要なものですね。そのため亜鉛不足になると髪の毛が生えなくなってしまいます。2つ目は抜け毛の原因となる酵素「5αリダクターゼ酵素」の働きを抑制する効果があるということです。亜鉛を摂取することで抜け毛予防につながるのです。

 

何を食べれば亜鉛を摂取出来るかというと魚介類です。生カキやたたみいわし、煮干しなどです。肉類でいえば豚レバーがおすすめです。

 

女性の抜け毛を防ぐシャンプーがある?

 

抜け毛やハゲは男性の悩みのように言われていますが、女性だって抜け毛に悩んでいる人はたくさんいます。髪の毛と密接に関わりのあるシャンプーが抜け毛に関係しているかもしれません。今回は抜け毛とシャンプーについて考えていきましょう。

 

抜け毛予防になるシャンプーをご紹介しましょう。
◇マイナチュレ。シャンプー
3年連続でモンドセレクション賞を受賞したシャンプーで、育毛剤メーカーが作った抜け毛予防のシャンプーです。抜け毛に悩んでいる人におすすめです。

 

シャンプーをしている時に抜け毛ってすごく気になりますね。洗っている時もすすいでいる時も、抜け毛が指にからみついて排水口は髪の毛だらけ。そんな様子を見るときっと愕然としてしまうでしょう。自分の抜け方は異常なのかそれとも普通なのか、気になりませんか?

 

正常な抜け毛の量というのはどれくらいなのでしょうか。健康な女性の場合ですと1日に90本くらいが抜けると言われています。しかしこれは目安の数字です。人によってはもっともっと多い場合もあるので個人差があると思っていてください。シャンプーの時に抜ける数はどれくらいなら大丈夫なのでしょうか。それは大体30〜40本です。ですが季節の変わり目には抜け毛の量が多くなったりもします。個人差や季節に左右されるのが抜け毛の本数なのです。

 

抜け毛に効果があるのは生活習慣を正しくすることです。睡眠をしっかり摂ってバランスの良い食生活を送り、ストレスは上手に発散しましょう。

 

女性の抜け毛に効く育毛剤とは?

 

女性の10人に1人は薄毛を感じているようです。そして女性も育毛剤を利用している人が多くなっています。ここ数年でその数は激増しているそうです。育毛剤を使うことで本当に毛髪が生えてくるのでしょうか?疑問を感じている人もいるようです。結論から言うと育毛剤だけで毛髪が生えてくるとは言えません。

 

育毛剤での効果は髪の毛を新しく生やすことではありません。成長不足で抜けてしまうような抜け毛を減らして、健康な髪の毛を育てる働きをするのです。ですから育毛剤で直接髪の毛を生やすといった効果を期待するのは間違いです。ヘアサイクルの改善や血行促進などがその効果であり、それによって間接的に髪の健康を助けるということなのです。

 

それでは育毛剤はどれくらいの期間があれば効果を感じられるのでしょうか。それはヘアサイクルに関係しています。実感するには3〜6カ月はかかりそうです。ヘアサイクルというのは成長期、退行期、休止期といった髪の毛の生え変わりのサイクルのことです。新しく生えてくる毛髪は毛根の深い部分で出ていくのを待っています。女性の場合は成長期が4〜6年だそうです。そして退行期が1〜2週間で休止期は3〜4か月という事ですので、育毛剤の効果が出るにはやはり数カ月かかってしまうのは仕方がありません。

 

女性用育毛剤は血行を促進するものが基本です。女性の抜け毛の原因は血行不良であることが多いからです。ホルモンバランスが崩れている場合も多いです。