抜け毛対策に効果的なブラッシング方法

抜け毛対策に効果的なブラッシング方法

ブラッシングは髪の毛を整えるだけでなく、少しの工夫で抜け毛対策をする事が出来ます。今回は抜け毛に効果的なブラッシング方法をご紹介します。

 

頭皮に直接刺激を与えない

 

何気なく行っているブラッシングですが、櫛が頭皮に直接当たらないように気を付けましょう。櫛が頭皮に当たると強い刺激となり、頭皮が傷付く恐れがあります。傷付いた頭皮は正常な発毛を阻害し抜け毛の原因となってしまいます。ブラッシングを行う時は髪の毛を中心にして、頭皮に当たるときは優しい力加減で行うようにしましょう。

 

ブラッシングは乾いた髪の毛に行う

 

入浴中にコンディショナーの浸透を高めるためにブラッシングをするという方もいますが、これは抜け毛を増やすNG行動です。濡れた髪の毛は普段より刺激に弱く、髪の毛が抜けやすい状態となっています。またキューティクルを損なう原因にもなるので、ブラッシングは髪の毛が乾いた状態で行うようにしましょう。

 

清潔なブラシで行う

 

髪の毛には目に見えない汚れや皮脂が付いています。この状態でブラッシングをするとブラシに汚れが付いてしまいます。
汚れたブラシでのブラッシングは、頭皮に汚れを付着させ、髪の毛が生える毛穴に汚れを付けてしまいます。汚れた毛穴は新しい髪の毛の成長を阻害させ、毛穴が詰まることで正常な発毛が阻害され、抜け毛を増やす原因となります。一つのブラシを継続して使用する際は、定期的にぬるま湯で洗い清潔な状態を保つようにしましょう。