抜け毛は遺伝する?

抜け毛は遺伝する?

ハゲは遺伝するという言葉はよく聞きますが、本当にハゲは遺伝するのでしょうか。今回は抜け毛と遺伝の関係について紹介します。

 

抜け毛は遺伝する

 

アレルギーなどと同じく、抜け毛になりやすいという遺伝子は存在します。抜け毛の遺伝は80%が母親の家系からで、遺伝率は25%と言われています。母親の家系で薄毛の方がいる場合は抜け毛になりやすいと考えておきましょう。

 

必ずしも遺伝するわけではない

 

抜け毛になりやすい遺伝子があるといっても必ずしも遺伝するわけではありません。食生活や生活習慣や普段のヘアケア方法により、遺伝子がない方でも抜け毛は起こりますし、逆に遺伝子を持っていない方でも気を付ければ抜け毛を予防することは出来ます。

 

また女性より男性の方が抜け毛になりやすいという説がありますが、これはホルモンバランスによるものです。男性特有の抜け毛は男性型脱毛症というもので、一般的にAGAと呼ばれています。このようにホルモンバランスの関係でも抜け毛は起こります。抜け毛は遺伝子が必ずしも重要というものではありません。

 

抜け毛は正しく対処すれば予防できる

 

先述のように抜け毛は生活習慣や食生活により予防することが出来ます。栄養バランスの取れた食生活、充分な睡眠、適度な運動による血行促進などを心がけることで、抜け毛の多くは予防することが出来ます。それでも抜け毛が起こってしまった場合は、発毛剤や育毛剤の使用、病院での治療を受けることで対策をすることが出来ます。まずは自分の生活を見直すことから始め、しっかりと抜け毛予防を行いましょう。